減額請求がなされてしまうことも

減額請求がなされてしまうことも

もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、車を買い取る業者に査定してもらい、売ることが決まった後で減額請求がなされてしまうことも起こり得ます。そんなことが起こっても、「しっかり検査してみたところ、不具合がありました。
なので買取額を減額します」と言われてしまったとしても首を縦に振らなくてもいいのです。
その不具合があることを知りながらにして事前の報告を怠ったのならともかく、そうでないのなら減額に応じないようにするか、契約を撤回しましょう。
同僚から「楽で便利だった」と聞いていたので、無料出張査定サービスを使って車を売却してみたことがあるのですが、その時に、査定人のプロの技にすっかり見入ってしまいました。

 

かなり隅々まで細かく点検をしていきますが、さくさくと気持ちよく進んで、最後まで見飽きなかったですね。

 

外装の目立たないところに擦ったような小さな古いキズがあり、それには全く気づいてなかったので少々驚きました。さすがにちゃんとしたプロだけありますよね。
しかし大したマイナスにはならなかったので良かったです。

 

自分の車は何年か前に事故を起こしており、フレームの修復をしてもらったことがあるので、査定条件として「修理歴有り」です。

 

しかし、簡単に見ただけでは事故や修理の痕跡はわかりません。
業者に買取を依頼する際に修理歴は言わなければならないのでしょうか。

 

後からバレたら減額請求などで面倒なことになりそうですし、訴えられたりしたら只事ではありません。

 

そういったリスクは背負いたくないので、修理歴は素直に報告しておくことにしました。