中古車高価査定 車検残

中古車高価査定と車検残

中古車を高価査定してもらうには、さまざまなポイントで値下げや値上げが行われことを知っておきましょう。
たとえば車検です。車検は一定の期間で行わなければいけません。

 

もし車検の期限が1年以上残っている車の場合は、査定にプラスがついて少し高く売れるかも知れません。
しかし、1年を切ってしまった車は車検に対してのプラスポイントはつきません。
特に車検日数が残り2か月切ってしまった車は、査定に響いてしまうかも知れないでしょう。

 

一般的に、いわれているのが、車検残3年の車に対して7万円の査定プラスです。
これはあくまで平均値ですが、車検が残っていればいるほどどんどんプラスされ、
期間が少なければどんどんマイナスになってしまいます。

 

車は売買した後にすぐに売れる訳ではなく、修理や検査を行った上で店頭に売り出します。
車検が短ければ車が売れる前に車検が切れてしまい、売買に大きく響いてしまうでしょう。

 

この様な点から、車検残り日数が長い車は高く買い取ってもらえますし、
期限が迫っている車は買取価格がどんどん下がってしまうのです。

 

車検が切れた車でも売買は可能ですが、
別途運送費用が掛かる場合もあるのでおすすめ出来ません。